Content コンテンツ

低脂質ダイエット時の脂質選び!!

今回は低脂質ダイエット時における脂質の摂取についてご紹介します。
やり方を知らない人は、極力脂質を抑えようとしますが、
完全に除去ではなく、良質な脂質の摂取は健康面を考えて必須になります。
間違った概念を取っ払って、質の高い食生活を目指しましょう!!

低脂質ダイエットとは?

低脂質ダイエットとは、「三大栄養素」と言われる、炭水化物・脂質・たんぱく質の「脂質」の摂取を制限するダイエット方法です。

制限するというのは、完全除去ではなく、摂取量を減らすということです。

「脂質」には、ホルモンや細胞膜、核膜を構成したり、皮下脂肪として、臓器を保護したり、体を寒冷から守ったりする働きがあります。

身体に必須な栄養素であるため、除去してしまうことは健康的ではありません。


しかし、「脂質」の1gあたりのカロリーは炭水化物やたんぱく質と比べて高いです。

なので、「脂質」を調整することは、ダイエット成功に向けた重要事項となります。

この記事では、低脂質ダイエット時でも摂取して欲しい「脂質」をご紹介していきます。

また、低脂質ダイエットのやり方については下記記事にもまとめていますので、こちらも併せてご覧下さい。

低脂質ダイエットのやり方

1.オリーブオイル

まずは、調理で必要になる油から変えていきましょう。

ご紹介するのはオリーブオイルです。

皆さんは、サラダ油を使用していますか?

サラダ油には危険性があると言われています。

まず1つ目が、精製過程で「ヒドロキシノネナー」「トランス脂肪酸」という物質が発生します。

この2つは、血液中に多く存在するとDNAの損傷を引き起こすと言われています。

また、動脈硬化やがんの発生リスクを高める可能性があるので危険です。

なので、ダイエットをするしないに関わらず、サラダ油の摂取は控えたほうが良いです。


それに対しオリーブオイルは、「オレイン酸」と「リノール酸」という物質が入っており、悪玉コレステロールを減少させる効果があります。

それに伴い、動脈硬化の予防や、便秘の改善に有効であるとされています!!

また、ビタミンAやビタミンEも豊富に入っており、お肌や筋肉にも良い影響を与えてくれます!!

2.魚油(フィッシュオイル)

最近は、フィッシュオイルというワードもダイエット界では有名になってきていますね!

画像でもありますが、このフィッシュオイルは非常に身体によく、サプリメントも販売せれているぐらいです!!

間単に説明すると、青魚の油です。

なぜ青魚の油が良いと言われているのか?

それは、「オメガ3脂肪酸」と呼ばれる物質が多く含まれているからなのです。

「オメガ脂肪酸」とは、DHAやEPAのことで、皆さんはDHAは良く耳にすると思います。

DHAは脳神経を活性化し、記憶力向上などの効果があると言われています。
EPAは血液をサラサラにする効果があり、動脈硬化を防ぎます。

また、EPAには脂質の代謝を促し、体内にある余分な脂肪を燃やす効果もあるのです!!

これは、ダイエッターの皆さんは是非摂取して頂きたいですね。

フィッシュオイルが多く含まれている食材は「さば」と「いわし」などが有名です。

サプリメントはあくまで、補助で飲むようにし、多くは食材から摂取することをオススメします!

3.クルミ

クルミにも「オメガ3脂肪酸」が多く含まれています。

魚油でもご紹介しましたが、なぜ「オメガ3脂肪酸」が必要なのかと言いますと、体内では作ることの出来ない栄養素なのです。

よって、食事から取り入れないといけません。

また、クルミには抗酸化作用があるので、細胞の酸化を防いでくれる働きもありますよ!!

健康に良い効果はたくさんありますので、小腹が空いた時のおやつなどにはクルミを選択するといいですね!!

その他のナッツ類には「オメガ3脂肪酸」は入っていないので注意してください!!

4.アマニ油エゴマ油

こちらの二種類の油も「オメガ3脂肪酸」が多く含まれています。

この二種類の油の注意点は、熱に弱いということです。

「オメガ3脂肪酸」は沸点が低く、炒め物などに使用すると、すぐに煙が出たりします。

摂取の仕方としては、サラダにかけたり、調理後にかけるなどがいいですね!!